頭皮と髪のケア簡単オールインワンで同時に出来る方法

毎日、アナタは頭を「チャッチャ」と洗って、コンディショナーを適当に塗って、「バシャバシャ-」と簡単に洗い流して、「ブォーン」とドライヤーで髪を乾かしていませんか?

 

ほとんどの男性がそんな感じで面倒だから適当?なのか、やってないような頭皮ケアになっていませんか?

 

頭皮もキチンとケアをしておかないと、顔などのお肌と一緒で乾燥を招いたり、髪のハリやコシにも影響して元気がない年老いたように見られてしまいます。

 

男性だからと言って、頭皮や髪のケアをしないでいい。ってことはありません。女性だけでなく男性もそこはドンドンこだわって行くべきです。

 

でも、面倒...

 

じゃあ、もし面倒でなく簡単に頭皮・髪の毛まで出来るならどうですか?

もし、1度で済ませることができる方法があるなら、興味沸きませんか?

 

実は簡単に頭皮・髪のケアをする方法があるのです。もちろん、サロンなどに通う必要なんてありません、自宅で出来ます。男性・女性どちらが使用しても問題ありません。

そんな、ウソのような有難いモノがあるんです。

頭皮と髪、オールインワンで同時ケア時代

シャンプー、リンス、トリートメント、コンディショナー、頭皮ケアの5つを1度で済ますことが出来るって大きくないですか?

女性は、ゆっくりと丁寧に髪を洗ったり、ケアする印象がありますが、私を含め男性はとにかく面倒くさがりの方が多く。「シャンプーなんてどれも一緒だろう。」って感覚の人が多いんですよね。

 

しかし、よく考えて下さい。シャンプーだけでも一手間ですよね。リンスやコンディショナーを使えばもう一手間かかります。

 

それがオールインワンのモノなら、たった1度だけで済むので、アナタのムダな負担、面倒な気持ちを助長するようなことはしません。アナタの大事な時間を削るようなことがありません。

 

もう今は、頭皮と髪はオールインワンで同時ケアできる時代です。

それをしてくれるのが「クレンジングコンディショナー」のクリームです。

クリームなのに頭皮を洗浄・保湿、そして髪には潤いとしなやかさを与えてくれます。

 

オールインワン1つで10役シミを消す!?

⇒シミウスジェル、40代男への効果はある?なし?

ウェン(wen)クレンジングコンディショナーの特徴

そのクレンジングコンディショナーはウェン(wen)と言います。

種類は全部で4種類あります。

①頭皮・髪の感想が気になる方は【アーモンド】

あま~い、優しい癒しの香りで洗い上がりがシットリと潤いある髪に。

 

②とにかく、髪のボリュームをUPしたい方は【ラベンダー】

馴染みやすい、癒しのラベンダーが心にも染み渡ります。

 

③ツヤ髪を目指したい方には絶対に【ザクロ】

フルーティーな香りが爽やか、そして健やかな髪へと導いてくれます。

 

④頭皮がべた付く汗かきの方は【キューカンバー】

スッキリ且つ甘い香りが心地良い。瑞々しい仕上がりで頭皮のべたつき、かゆみを防ぎます。

ウェン(wen)はこんな効果があります

クレンジングコンディショナーのウェン(wen)は、多くのシャンプーで使用されている「界面活性剤」を配合せず、植物由来の乳化剤を使用しているので、紫外線や乾燥などでダメージを受けた頭皮をケアします。

 

汚れをシッカリと吸着して、保湿成分として優れているローズマリーやミントのハーブエキスが傷んでしまった頭皮や髪にジックリと浸透して潤いを与えてくれます。

 

自然でのトリートメント効果は10歳頃がピークと言われていますがクレンジングコンディショナーのウェン(wen)は、トリートメントの大事な適度な脂質効果にこだわり、どの種類にも高いトリートメント効果を実現します。

 

そして、1番の特徴は、新発想のクリームでヘアケアをするということです。

クレンジングコンディショナーのウエン(wen)は、これまでのシャンプー類とは違い、泡立てたりすることがないのです。クリームタイプのオールインワンなので、馴染みがなくて当然ですが、従来のシャンプー以上の洗浄感、保湿感、潤い感を得ることが可能なのです。

ウェン(wen)は60日間返金保証付きで安心

もし、あなたがクレンジングコンディショナーのウエン(wen)に興味を沸き、購入を考えているなら、安心されるといいでしょう。

60日間返金保証が付いているので、もしアナタが効果を感じなければ、返品してお金を返してもらうことができます。

 

つまり、「お試し感覚」でウェン(wen)を使用することができるのです。

 

だから、アナタにはリスクというものがアリマセン。

 

もちろん、60日間全額返金保証制度がいつまで継続されるかはわかりません。

 

使ってみたいけど迷っているなら、その不安は今解消されたのではないですか?

⇒ウェン(wen)クレンジングコンディショナーの詳細・公式サイト