イチゴ鼻の私でもスッキリできる洗顔料ないかな?

ブツブツでポツポツと黒ずんで汚れた鼻の毛穴(イチゴ鼻)

自分で見ても汚いことは、わかっているんだから、他人がみたらもっと「汚い」って感じているはずです。

 

「でも、勝手に汚れていくから仕方がない?」

「ちゃんと顔洗ってるけど、全然イチゴ鼻が治らないんだよ。」

 

アナタもそんな感じになっていませんか?

 

ちゃんとした洗顔料を選んでケアすれば、そのきったな~い、「イチゴ鼻」はキレイに

サッパリすることは可能ですよ。

 

私もイチゴ鼻でしたが、正しい洗顔方法と実績ある洗顔料を使ってから、キレイになりましたから。

イチゴ鼻の原因

まず、イチゴ鼻の毛穴は、なぜ変な黒いくすんだ色をしているのかと言うと、タンパク質である角栓が酸化して黒く変色したからなんです。

その鼻に詰まったものを「角栓」といいます。

 

次になぜそのようなことが起きるのかというと3つ考えられます。

①皮脂が過剰に分泌された

毛穴は本来、一定の皮脂を分泌することで肌の乾燥を防ぐのですが、ストレスや何らかの外的要因の影響で皮脂が過剰に分泌されると皮脂が毛穴の中で固まってしまうのです。

 

②肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーは古い角質が剥がれ落ちて、中から新しい角質が出てきて肌の状態を整えるのですが、肌のターンオーバーの乱れが生じると古い角質も皮脂に混ざり、毛穴に残ってしまうのです。

 

③毛穴が広がったため

シッカリと肌の保湿ができていないと肌は乾燥して、皮脂は余計に分泌します。またその状態が続くと毛穴自体の広がりを招き、皮脂や汚れも毛穴に詰まりやすくなります。

正しい洗顔とは?

アナタは洗顔方法はバッチリですか?簡単に手順をお伝えしておきます。

 

尚、洗顔は侮るなかれ。ですよ。

 

洗顔がいい加減でデタラメだと、大きくつまずき、肌トラブルを起こしてしまうので、正しい洗顔を実行するようにしましょう。

 

①洗顔前に手もキレイにしておく。(手洗い石鹸で洗っておく。)

 

②熱いお湯ではなく、35度程度のぬるま湯でます軽くすすぐ。

 

③洗顔料を適量手に取り、泡立てネットなどでシッカリと泡立てる。

 

④泡立てた洗顔料を顔を包み込むような感覚で肌にやさしく馴染ませる。

(この時に決してゴシゴシと洗ってはイケません。やさしくです。)

(泡を肌に馴染ませることにより、汚れを浮き上がらせてくれます。)

 

⑤顔に付いた洗顔料の泡をゆっくりとやさしくすすぎます。

(この時も勢いよくバシャバシャとすすぐのではなく、やさしくすすぎ残しのないように丁寧に行います。)

 

⑥すすぎ終えた顔を傷んでいない柔らかいタオルで軽く押すように水分を吸収する。

(硬いタオルで擦り拭きは肌を傷めます。この時もやさしく拭くようにします。)

 

洗顔だけの工程はここまでですが、気を付けて欲しいので付け加えておきます。

 

★洗い上がりの肌はスッキリ、キレイになっているのですが、丸裸状態なので、そこで終わってしまうと、スグに肌は乾燥してしまいます。

ですので、洗顔後はスグに化粧水で保湿するようにして下さい。

 

★保湿したあとは、乳液・クリームでその保湿を閉じ込め、肌バリアをしましょう。本来ここまでが、スキンケアの基本工程なのです。

実績ある洗顔料とは?

洗顔料はなんでも言い訳では、ありません。

ちゃんと肌質にあったものを選ぶ必要があります。

 

特に、敏感肌の方は、刺激に弱いので、さらに悪化しないように、神経質になって選ばないとイケなかったりします。

 

ですが、中にはどのタイプの肌質にも合う優秀な洗顔料があります。

また、そういう洗顔料というのは、まず市販で販売されていません。

 

もちろん、人間も生きているように肌も同様に生きているので、環境や心身の内外の変化により、肌質が変わったりもして100%の人に合う洗顔料なんて皆無ですが、この洗顔は人気、評判ともに抜群で売れ行きの商品なのです。

 

洗顔料とかコスメは何かと女性をターゲットにしていますが、この洗顔はそんな心配は要りません。男性だって使えて効果を実感できる洗顔です。

 

泡の弾力なんてハンパなく、10円玉が泡の上に浮いて沈まないほどの弾力ですよ。

実際に使えば、わかると思いますが、モッチリ感で仕上がってスッキリ。そのうえ、潤いは残してツヤ肌状態。

 

男でもそんな感覚になれる優秀な洗顔料なんです。

 

アナタもイチゴ鼻とっとと卒業してモッチリ感味わってみませんか?

⇒「どろあわわ石鹸」って男には効果なし?!その評価とは?