メンズコスメの基礎化粧品どんな種類があるの?

メンズコスメ=男性用の化粧品?と捉えていると思います。

その通りです。正解です。

女性と同じように、スキンケアを目的として基礎化粧品を使用します。

 

その基礎化粧品を使用することにより、肌を清潔にし、調子を整え、健康な状態を保つのです。

 

近年は特にメンズコスメへの関心が40代を過ぎたミドル世代にも徐々に増え始めてきました。乗り遅れないように「モテ肌」を目指しましょう。

 

 

洗顔料

洗顔料も今や多彩なものがあります。

汚れや皮脂落としを重視したスクラブ(粒)入りやクレイ(泥)配合がありますし、逆に泡立ちの良い低刺激で乾燥肌や敏感肌、混合肌などの方に向けた洗顔料もあります。洗顔の段階で誤ってアナタの肌タイプに合わない洗顔料を選ぶと初期の段階で肌トラブルを引き起こす原因になるので、たかが「洗顔」と侮ってはイケません。

化粧水

化粧水は、洗顔料でキレイでサッパリした無防備な肌を保湿するために行います。そのまま放置するとスグに乾燥してしまうので、洗顔後は間を空けずに、スグに化粧水を肌の奥の角質層に浸透してあげましょう。

あなたも喉が渇くと水分補給しますよね?

それと同じです。肌もカラカラで、洗顔後の水分を欲しがっています。

美容液

美容液は、肌のたるみやしわ、トラブル部分に有効成分で補うために使用するのですが、40代の私もさすがにこの工程は飛ばしています。

ただ、必要な方、気になる部分がある方は肌に栄養補給をして下さい。

乳液

乳液は、化粧水で肌の奥まで浸透させた水分を蒸発させないように潤いは残したまま油分でフタをしてバリアしてくれます。特に乾燥肌の方は、乳液をつけることにより、カサつきが解消されます。

カサつきが目立つ方は油分が多めのモノ、脂っぽい方はニキビができやすい方は油分が少なめのモノを選ぶと良いでしょう。

クリーム

クリームは、役割としては乳液とほぼ同じです。乳液より、さらに油分が多いのがクリームです。ベタつき感などが苦手な方は特に使用しなくても良いです。

実際、40代の私も美容液同様、使用していません。

ただ、乾燥肌の方には向いているとも言えます。

 

主に女性の場合は、この基礎化粧品で下地をシッカリ作ってから、メイクやファンデーションや眉墨、口紅、アイシャドーなどで化粧をされます。

 

ただ男性とて、コンシ-ラーなどでシミを隠したり、紫外線対策でサンスクリーンを塗ったりします。

 

そんな時でも、基礎化粧品で日々シッカリとスキンケアをしておけば、肌トラブルは最小限に抑えることが出来るので、習慣化するようにしましょう。

 

★基礎化粧品の中でも人気商品で効果絶大!と評判のものがあります。

 

私も、「効果絶大!」っていきない言われても全然心底まで伝わってこなかったのですが、「効果絶大!」の内容を知って納得し今や、毎日愛用しています。

俳優三浦翔平さんも使用していて、月曜から夜更かしでも紹介された

⇒「バルクオムの効果絶大って!?何が?」